表題01.jpg

今年も花粉が舞う季節がやってきました。

花粉飛散量は例年より少ないとのことですがマスクが欲しくて手に入らない昨今、どうにか予防をしたいものです。

unnamed.jpg

そもそも、花粉とは何のでしょうか?

花粉症とは、スギなどの花粉(抗原)が原因となって鼻水やかゆみなどのアレルギー反応を起こす過剰な免疫反応のことです。

では、免疫とはいったい何なのでしょう?

私たちの体は、体内に細菌などの異物が侵入してきた際に異物を排除して体を守る働きを備えていて、その働きのことを免疫力といいます。この免疫力を主に支えているのが白血球です。白血球の働きは、自律神経と深く関係しています。

自律神経とは、名前の通り、自立して働く神経のこと。つまり、自分の意思とは無関係に内臓や器官の機能を調節するのが自律神経です。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、お互いに相反する作用を持ち、体を制御しています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

表題02.jpg

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

交感神経は、起きているとき、活発な活動をしているときに働く神経です。心拍数を上げる、血圧を上げる、消化管の働きを抑えるなど体を活動的な状態にします。また、緊張したり、興奮状態にあるときにも交感神経が優位になります。

一方、副交感神経は、眠っているとき、リラックスりしているとき、活動量が少ないときに働く神経です。心拍数を下げる、血圧を下げる、胃液や唾液の分泌を高め、消化を促進するなど心身ともに休息にふさわしい状態をつくります。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

やじろうべえ.jpg

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

バランス.jpgのサムネイル画像

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

しかし、副交感神経が優位な状態が長く続くと、白血球の中のリンパ球が過剰に分泌されてしまいます。この過剰な反応がアレルギー症状の正体なのです。

マスクとメガネ.jpgアレルギーの原因物質を排除するだけでなく、交感神経と副交感神経のバランスを保つことが花粉症・アレルギー対策としては、大切です。

そのためには、栄養バランスの良い食事、睡眠、適度な運動。休息を心がけましょう!

                                                                                                                                                                                                                                                

コロナについて.jpg