表題01.jpg

美肌マンガ+.jpgのサムネイル画像寒さが厳しい季節になりました。

冬は肌にとって非常に過酷な季節で、過乾燥状態になります。

 

肌にとって適切な湿度は、65%〜75%だと言われており、湿度が50%以下になると、角質層の水分が急激に蒸発しやすくなり乾燥が進みます。

 

部屋を十分に加湿することが大切になりますが、体の中から補うというのも重要になってきます。

 

美容業界 注目の美肌成分ベスト3をご紹介します!

○コラーゲン(コラーゲンペプチド)

○プロテオグリカン

○ヒアルロン酸

 

コラーゲンとコラーゲンペプチドは違うものなの?

 

プロテオグリカンってなに?

ヒアルロン酸ってなに?

 

順番にお話ししていこうと思います。

 

 

 

 

 

表題02.jpgのサムネイル画像

コラーゲンはたんぱく質です。摂取すると消化酵素によってコラーゲンペプチドやアミノ酸まで分解されてから体内に吸収されます。

コラーゲンが吸収されるまで図.jpgコラーゲンもコラーゲンペプチドも同じアミノ酸で構成されています。何が違うのかというとそれは分子量です。コラーゲンは吸収されにくいのに対しコラーゲンペプチドは分子が小さいので分解されやすく、吸収されやすいのです。

腸で吸収されたコラーゲンペプチドやアミノ酸は、血液にのってカラダのすみずみまで運ばれ、お肌はもちろん、関節や骨、髪の毛、爪など全身で活用されます。

また摂取するなら、断然フィッシュコラーゲンをオススメします。魚由来のフィッシュコラーゲンは豚皮由来に比べて約1.5倍も吸収されやすいと言われています。

 

 

表題03.jpgのサムネイル画像

プロテオグリカンとは、もともとカラダの中にある成分のひとつで、皮膚や軟骨の中に存在しているものです。

 

夢の成分+.jpg

 

表題04.jpgのサムネイル画像

ヒアルロン酸とは、ムコ多糖類と呼ばれる物質の一種。

とても保水力が高い成分で、なんと1グラムあたり6リットルもの水分をたくわえることができるんです。

美肌成分の解説図+.jpgのサムネイル画像

 

細胞間にはりめぐらされたコラーゲンの網の目の間をヒアルロン酸が水分で満たしてくれるようなイメージです。

 

 

 

 

それぞれの成分はお互いに関係しあって美肌を作っているので、バランスよく摂取して乾燥したこの季節を乗り越えましょう!

美肌3成分+.jpgのサムネイル画像