ダイエット ~糖質制限で健康に綺麗に痩せよう~index.jpg

初夏のさわやかな風が木々の緑とたわむれる頃。だんだんと薄着になり始め、だれでも体のラインがちょっと気になる季節になりました。冬の間に貯め込んでしまった脂肪をスッキリ落としていきたいですね。先月に引き続きダイエットについて考えていきたいと思います。

糖質の摂り方気を付けていますか?
ph01.jpg私たちの食生活の中で、ご飯やパン、麺類などの主食に含まれる炭水化物には多くの糖質が含まれています。摂取した糖質は体内で「ブドウ糖」になり血液中を流れます。つまり糖質により「血糖値が上昇」するのです。そのため、糖質を摂りすぎてしまうと、体内の血糖値が急激に上がり、高血糖の状態が長く続いて血流や代謝が悪くなります。ブドウ糖は脳をはじめとした各組織に送られて、私たちの身体を動かすエネルギーとなりますが、血糖値が急上昇するとインスリンというホルモンが大量に分泌され、血糖値を下げようとします。
日本人と欧米人は、インスリンを分泌する力に違いがあり、欧米人はインスリンを出す力が強いのに対して、私たち日本人はインスリンを出す力が弱く、高血糖になりやすいので糖尿病につながる心配があります。「糖質」の摂りすぎには気を付けていきたいですね。
また、インスリンには脂肪を増やし、分解を抑制する働きがあるため、分泌されすぎると肥満の原因もなってしまいます。過剰なインスリンの分泌を抑えるためには、血糖値の上昇をゆるやかにする食事が必要です。

たとえば主食として食べる精白された白米や食パンよりも、精製されていない玄米や全粒粉パンなどのほうが食物繊維やビタミン・ミネラルが残っているので、「糖質」がゆっく胃癌 食事 術後.jpgりと吸収されるのです。
麺類は糖質が多いことに加え、のど越しがよくて早食いになりやすく、食べ方に注意が必要です。麺類を食べる場合は、先にサラダやおひたしなどを食べるなどして食事の順番を意識したり、ゆっくり食べることを心がけたりして血糖値の急激な上昇を防いでいきたいですね。糖質をゆるやかに吸収し血糖値の急激な上昇を防ぐためには、良質なたんぱく質や油、食物繊維の摂取を増やすことがとても重要です。
そして、適度な糖質制限でお友達やお仲間と一緒に励ましあいながら、ワンサイズダウン、スリムキーピングを目指しましょう。

今月もウイングでは、健康的なダイエットのやり方が身に付くミーティングを各地で開催しております。私たちの健康に役立つ貴重な情報も合わせてお伝えしていますので、興味のある方はぜひご参加くださいね。