ダイエット ~プロテインで美容・健康を~18.5.1.jpg

若葉が芽吹き、新緑の美しい季節となりました。ゴールデンウィークには家族や友達との楽しい計画を立てている方も多いかと思います。これからの季節、薄着になるためボディラインが気になり、健康のためにもダイエットを意識するようになります。ダイエットと聞くと「痩せること」と思われがちですが、実は健康な体を手に入れるために行われるものです。元気で長生きし、行きたいところに行ける、やりたいことができる、そんな生活を送っていきたいですね。太り過ぎてしまうと体のいろんなところに不調があらわれます。また肥満は「慢性炎症」とも言われています。慢性炎症は、糖尿病・認知症・がんなどの生活習慣病にもつながり、注意が必要です。
夏本番になる前に、より食事に気を付け、日常の運動不足を解消することによって、さらに健康的により美しくなれるダイエットを始めてみませんか?

18.5.2.jpgダイエットを成功させるために重要な食事!
~ゆるやかな糖質制限・たんぱく質の大切さ~
ダイエットを始めると食事の量が減るので、身体にとって必要な栄養素まで不足がちです。糖質を制限することはダイエットの結果は出やすいですが、野菜中心の食事は、たんぱく質が不足してしまいがちです。すると筋肉が減り基礎代謝が下がることで少量の食事でも太りやすい体質になってしまいます。そのため、豆腐などの植物性のたんぱく質だけではなく、肉や魚などの動物性のたんぱく質を含め、良質なたんぱく質を様々な食品から摂取していきたいですね。
~炎症を抑える良い油~
亜麻仁油などに多く含まれるn3系(オメガ3)脂肪酸であるαリノレン酸は脂質の中でも脂肪になりにくく、血中の中性脂肪やコレステロール量の調節を助け、代謝をアップさせる働きがあります。脂肪の燃焼を助け、体の余分な脂肪を排出してくれます。海外のモデルの間では"体の脂は油で洗い流す"ともいわれ、人気があります。また、青魚に多く含まれるn3系(オメガ3)脂肪酸のDHA・EPAには炎症を防ぎ、インスリンの不足や効きの悪い状態を改善してくれます。DHA・EPAの摂取が高血糖改善の可能性を示したデータも発表されています。
~腸が喜ぶもの~
腸内環境を整えてくれる食物繊維の多い野菜類や、豆腐などの豆類、乳酸菌やオリゴ糖などを積極的に摂取することも大切です。食事から補いきれない栄養素は、サプリメントなどの栄養補助食品で上手に補っていきたいですね。

運動不足だと感じることはありませんか?18.5.3.jpg
ダイエットのために運動をしなければ、と思ってジムに通おうとか毎日走ろうと思っても忙しくて続かなかったりしませんか?運動するための特別な時間を作らなくても、日々の生活の中で運動量を増やしていきたいですね。
運動にはカロリーを消費するウォーキングなどの「有酸素運動」と、基礎代謝を向上してくれるドローインなどの「筋肉を刺激する運動」があります。
運動をすることで「血糖値」・「インスリン」・「炎症」をコントロールしてくれると言われています。とくに、食後1時間以内に運動することによって血糖値の上昇を抑えてくれる働きがあるため、食器の片づけなど積極的に体を動かしていきたいですね。

質の良い睡眠を...
睡眠には、ホルモンバランスと自律神経のバランスを整えてくれる役割があります。睡眠不足になると摂食ホルモンのバランスが変化し食欲を増進させてしまうため、しっかり寝ることで食べ過ぎを予防できます。

今月もウイングでは、皆様に役立つ健康情報をお伝えするミーティングを各地で開催しております。私たちの健康に役立つ詳しい情報などもお伝えしていますので、興味のある方はぜひご参加くださいね