新年のメッセージ

  • 投稿日:

表題0101.jpgのサムネイル画像

新年あけましておめでとうございます。

昨年は平成から令和へと時代が移り変わり、皇位継承式典が粛々と執り行われました。

2020年になる今年はどんな年になるのでしょうか?多くの皆様が幸せを感じる年となりますようお祈り申し上げます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

題01.jpg

                                                                                                                                                                                                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

風神.jpg

日本には、神様がたくさんいます。

この国の人々は、山、海、森や木などの自然界に神様が宿ると信じ、自然を拝み共に生きてきました。山や川に限らず、田んぼの神様、厠の神様、台所の神様から米粒の中にも神様がいると考えてきたのです。

雷神.jpg

日本の神様は完全無欠ではありません。神々が力を合わせて自然界や人々を守っているといいます。完全無欠ではないとの考えが日本の人々の生き方にも投影され、他と比較して違いを見つけ排除や批判するのではなく、共通点を見つけ、足りないところを補ってきました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

その謙虚な精神が日本人であり、人がよりよく生きるための知恵そのものでした。

 

download-1 4.jpg

昨年は多くの自然災害が起こり、ますます人とのつながりや絆が注目された1年となりました。神々が力を合わせて人々を守ったように人間も力を合わせて、困っている人を助ける、役立つ情報を伝えるなど身近なところで人の輪を広げていきたいものですね。

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

題02.jpg

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

近年、スマートフォンの普及により、SNSが隆盛し、コミュニケーションの形は大きく変容してきています。

SNSによって、いつでもどこでも誰とでもつながれる、人々の存在性が可視化されたことでその人がどんな人なのか、わかったような気になるのです。

(※SNSとは、ソーシャル・ネットワーキング・システムのことであり、主にLINE、ツイッター、ファイスブック、インスタグラムがあげられます)

 

コミュニケーション」とは、ラテン語のcommunicatioという言語から由来していて、「分かり合うこと」を意味しています。

現在では知覚・感情・思考の伝達が一般的な意味とされていますが、実際ではお互いの心や気持ちの通じ合いや、お互いに理解し合うことができて初めてコミュニケーションが成立すると言えるのだと思います。

人とのつながりを持つことは、目に見える形として、やはりとても大事です。

人との輪.jpg

                                                                                              

「人は鏡」「人は人で磨かれる」という言葉の通り、人を通じてしか得られないものがありますよね。

普段の生活や四季折々の年中行事やさまざまな機会を通じて、人と接して、仲間に感謝しつつ、ウイングでも多くの素敵な絆が生まれるように、本年も一緒に頑張って参りましょう!

12月の情報テーマのご案内

  • 投稿日:

表題01.jpg

美肌マンガ+.jpgのサムネイル画像寒さが厳しい季節になりました。

冬は肌にとって非常に過酷な季節で、過乾燥状態になります。

 

肌にとって適切な湿度は、65%〜75%だと言われており、湿度が50%以下になると、角質層の水分が急激に蒸発しやすくなり乾燥が進みます。

 

部屋を十分に加湿することが大切になりますが、体の中から補うというのも重要になってきます。

 

美容業界 注目の美肌成分ベスト3をご紹介します!

○コラーゲン(コラーゲンペプチド)

○プロテオグリカン

○ヒアルロン酸

 

コラーゲンとコラーゲンペプチドは違うものなの?

 

プロテオグリカンってなに?

ヒアルロン酸ってなに?

 

順番にお話ししていこうと思います。

 

 

 

 

 

表題02.jpgのサムネイル画像

コラーゲンはたんぱく質です。摂取すると消化酵素によってコラーゲンペプチドやアミノ酸まで分解されてから体内に吸収されます。

コラーゲンが吸収されるまで図.jpgコラーゲンもコラーゲンペプチドも同じアミノ酸で構成されています。何が違うのかというとそれは分子量です。コラーゲンは吸収されにくいのに対しコラーゲンペプチドは分子が小さいので分解されやすく、吸収されやすいのです。

腸で吸収されたコラーゲンペプチドやアミノ酸は、血液にのってカラダのすみずみまで運ばれ、お肌はもちろん、関節や骨、髪の毛、爪など全身で活用されます。

また摂取するなら、断然フィッシュコラーゲンをオススメします。魚由来のフィッシュコラーゲンは豚皮由来に比べて約1.5倍も吸収されやすいと言われています。

 

 

表題03.jpgのサムネイル画像

プロテオグリカンとは、もともとカラダの中にある成分のひとつで、皮膚や軟骨の中に存在しているものです。

 

夢の成分+.jpg

 

表題04.jpgのサムネイル画像

ヒアルロン酸とは、ムコ多糖類と呼ばれる物質の一種。

とても保水力が高い成分で、なんと1グラムあたり6リットルもの水分をたくわえることができるんです。

美肌成分の解説図+.jpgのサムネイル画像

 

細胞間にはりめぐらされたコラーゲンの網の目の間をヒアルロン酸が水分で満たしてくれるようなイメージです。

 

 

 

 

それぞれの成分はお互いに関係しあって美肌を作っているので、バランスよく摂取して乾燥したこの季節を乗り越えましょう!

美肌3成分+.jpgのサムネイル画像

 

11月の情報テーマのご案内

  • 投稿日:

題名.jpgのサムネイル画像

ゲートボール.jpgのサムネイル画像        散歩.jpgのサムネイル画像              上皇后美智子.jpgのサムネイル画像

ロコモティブシンドローム

骨や関節、筋肉など運動器の衰えが原因で、「立つ」「歩く」といった機能(移動機能)が低下している状態のことをロコモティブシンドロールといいます。

立ち上がりロゴ.jpgのサムネイル画像                                     

立ち上がりテスト++.jpg     ロコモ枠.jpgのサムネイル画像

高齢化社会を迎える日本では、平均寿命は約80歳に達し、運動器の障害によって、日常生活に支援や介護が必要となる方が急増してしまいます。

平均寿命が延びている分だけ、運動器の健康を長く保ち続ける必要があります。

また、エレベーターや車を使う便利な現代社会において、人類は足腰を使う機会が少なくなっています。全世代の方々に注意が必要です。

 

運動習慣を取り入れよう.jpgのサムネイル画像     

身体と運動器の健康を維持しながら元気な毎日へ。

そのために効果的な3種類の運動があります。身体を動かすことで、ロコモだけでなく、認知症、糖尿病、心臓病、脳卒中などのリスクを下げることもできるのです。

筋力トレーニング.jpg 有酸素運動+.jpg ストレッチ+.jpg                                                                          プラス10 ロゴ.jpgのサムネイル画像                プラス10 文.jpgのサムネイル画像                                                                    

運動習慣.jpgのサムネイル画像

食生活ロゴ.jpgのサムネイル画像                 

筋肉や骨の"素"は毎日の食事から。

 

せっかく運動をしても、食事をきちんと摂らなければ、やせて筋肉が減ってしまいます。

筋肉量を増やし、筋力を高め、骨を強くするには材料が必要です。最も重要な栄養素はたんぱく質です。たんぱく質は約20種類のアミノ酸からなる栄養素ですが、体内で合成できないため必ず食品から摂らなければならないアミノ酸が9つあります(必須アミノ酸といいます)。動物性たんぱく質と植物性たんぱく質は含まれる必須アミノ酸の量がそれぞれ異なることからいろいろな食品を組み合わせて摂ることが大切です。

 食事風景.jpgのサムネイル画像

食事では補いきれない栄養素はサプリメントを上手に利用してみてくださいね。

 

筋肉は40歳代から0.5~1%ずつ減っていきますが、適切な運動習慣をつけ、きちんと栄養を摂ることで、この筋肉の減少を予防することができます。いつまでも自分の足で歩き続けるために、できることから始めましょう。

 

樹々が色づき始めるこの季節、ちょっと遠くの公園まで散歩してみてはいかがでしょうか。

 images のコピー.jpgのサムネイル画像

今月もウイングでは、皆様に役立つ健康情報をお伝えするミーティングを各地で開催しております。ご興味のある方は、ぜひご参加くださいね。

10月の情報テーマのご案内

  • 投稿日:

ピンクリボン運動+.jpg

増えるがんロゴ.jpg

 

 

乳がんは、がんのなかでも日本女性がかかる割合(罹患率(りかんりつ))がトップであり、その罹患率(りかんりつ)は増加の一途をたどっています。

自分は大丈夫と思わず、女性ならば誰もがかかる病気であることを忘れないでください。

 

 

乳がんちゃん01.jpg欧米において死亡率の減少に大きく貢献したのがマンモグラフィによる早期発見です。

多くの自治体でもマンモグラフィの検診の整備が進んでいますが、日本では受診率が低く欧米のように死亡率を下げるには至っていません。

乳がんになることを止めることはできないかもしれませんが、早期発見、早期治療により乳がんで亡くなることは防げます。

※アメリカの受診率が80%なのに対して、日本では半分の41%の受診率です。

セルフチェック.jpg

 

 

乳がんの60%以上はセルフチェック(自己検診)によって発見されているとも言われています。チェックリスト.jpg

例えば、『入浴前』に鏡の前で、『入浴中』にバスルームで、『おやすみ前』にベットのうえで腕を上げ、乳房の表面に渦巻きを描くようにしてしこりやこぶがないかセルフチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

毛細血管とがん.jpg

 

血液中のリンパ球は、がんを攻撃してがんの悪性化を抑える働きをしています。

しかし、毛細血管が弱っていると、酸素や栄養を受け取りにくく、リンパ球は生きていけず活動できない状態になるので、かん幹細胞には好都合な環境になってしまいます。

がん患者で毛細血管を正常化させた人は、そうでない患者に比べて、その後の経過がいいという臨床データも出ています。

毛細血管を形つくっている細胞を強化すると、がんの悪性化を抑え、さらに治療においても抗がん剤が届きやすくなることがわかっています。仲良く.jpg

 

合わせて、バランスの摂れた食事、十分な睡眠、適度な運動など、規則正しい生活を心がけて体調を整えることが免疫力を高め健康を手に入れるカギになりますよ。

 

9月の情報テーマのご案内

  • 投稿日:

美しく2.jpg

地球2周半5.jpgのサムネイル画像

さて、皆さんは、「ゴースト血管化」という言葉をご存知でしょうか?

 ゴースト血管化(毛細血管の老化)とは、血管のモレです。健康な毛細血管は、血管の壁がピッタリ接着しています。

ところが老化や生活習慣で壁細胞が傷つくと、はがれてすき間ができてしまい、栄養分や老廃物が漏れ出してしまいます。そして血液が届かない抜け殻のような"ゴースト血管"になってしまうのです。

ゴースト血管化によって体の隅々まで栄養分や酸素を運ぶ血液が行き渡らないため、肌や健康に障害が起こりやすくなります。ゴーストバスターズ.jpg

肌老化(シミ、シワ、くすみ、たるみ など)や薄毛、そのほか、むくみ、疲れ、頭痛、冷え性、眼精疲労、関節痛、生理痛、物忘れ、認知症、骨粗しょう症、アレルギー、さらにはメタボリックシンドローム、動脈硬化、糖尿病など、体の不調や病気に大きくかかわっていると言われています。

ポイント2.jpgのサムネイル画像

                " 笑い"の効果はいろいろ。"笑い"が心や体に良いということは医学的に実証されつつあります。

笑顔.jpg

スキップさん.jpgスキップすることでふくらはぎのポンプ機能を強め、足の下の方から血液を戻す力を高まる効果が期待できます。

スキップは1セット20回を1日3セット行うことで血流の良い状態をキープできます。

スキップが難しい人は『かかとの上げ下げ』もおススメです。スキップと同様に20回を1日に3セット行うとよいそうです。

ヒハツ植物2.jpg毛細血管の構成を安定化させ、血管のモレを防ぐ食材を摂る。

沖縄料理のスパイスとして使われてきたヒハツなどにその効果が認められています。

ILM16_AA06014.jpg

38℃から39℃のぬるめのお湯にゆっくり浸かってください。リラックス効果も期待できますよ。

いい血管2.jpgのサムネイル画像

素晴らしい働きを持った毛細血管を活性化させ、「ゴースト血管」をよみがえらせるためにも普段の生活の中でさりげなく「血流をよくするPoint!」を取り入れてみてはいかがでしょうか?食生活では補いきれない栄養素をサプリメントなどを利用して、美しく健やかな生活を手に入れましょう。

今月もウイングでは、皆様に役立つ健康情報をお伝えするミーティングを各地で開催しております。

ご興味のある方はぜひ、ご参加くださいね。