WING

新着情報

2021.3.16

春分の日

春分の日は、太陽が真東から上がって真西に沈むため、昼の明るい時間と夜の暗い時間がほぼ同じくらいになるという日です。

春のように暖かい日が続いていますが暦の上でも春を迎えますね。

春分の日は、夜が長かった冬が終わり、だんだんと日が長くなって、春へと向かい始める日なのです。

昼と夜の長さがほぼ同じになる春分(3月21日頃。今年は3月20日)と秋分を中心にその前後3日、合わせて7日間を彼岸といい、お墓参りをする風習があります。「彼岸」とは、この世の反対側にある仏の世界のことをさしていて、西の方にあるとされています。そこで、太陽が真東からのぼって真西に沈む春分と秋分は、ご先祖さまがいる彼岸にもっとも通じやすいと考え、先祖供養をするようになりました。

春分の日はお彼岸の中日です。昔からお彼岸にはぼたもちをお供えする習慣があります。春は牡丹の花にちなんで「牡丹餅」、秋は萩の花にちなんで「お萩」と呼ばれます。

 

【ちょっと小話】

昔は甘いものが貴重なため、牡丹餅といえばご馳走で大切な客やお祝いなどでふるまわれ、法要の際にも必ずお供えしていました。だから思いがけないことがあることを、「棚から牡丹餅」というわけです。